温泉の入り方(インフォグラフィックス)

こんにちは!りょ@ORANGEです( ㆁᴗㆁ )

より一層寒さを感じる季節になってきました。

 

先日、美術学科2年生のデザイン・ビジネスコースとマンガ・キャラクターコースで合同課題発表会が行われました!

 

課題の内容は「インフォグラフィックスを使用して自分で決めたテーマについて表現する」というものでした。

今回は私が制作した作品とそれができるまでの過程について話していきたいと思います。

ちなみに「インフォグラフィックス」とは情報やデータを視覚的にわかりやすく伝えることです。

例えば、スケジュール帳などについている電車の路線図や道路標識など文字を見ずに一目で分かるものが基本的なものです。

 

私は今回『温泉の入り方』というテーマで制作しました。

理由は、私が有名な温泉地である加賀市に住んでいるので、ぜひ一度は温泉にゆかりのあるものを制作したいと考えたからです。

 

08

09

 

まずは、情報集めということで温泉について色々と調べてみました。

調べたほとんどのことは既に知っているものが多かったのですが、それを改めて可視化するということで、どうしたら分かりやすく伝えられるか悩みました。

 

最近では、外国の人も温泉を目的に訪れる人が多くなっているので、分かりやすいものを作ろうと考えました。

考えた案はすぐに紙に書き込み、いいものになるように何度も手直しをしながら制作していきました。

 

05

 

また、課題の内容の1つとしてIllustratorというパソコンのソフトだけを使用して制作するということだったので、途中からはパソコンを使用しながら作りました。

 

10

 

02

 

06

 

07

 

上の写真は私が制作したものなのですが、桶からお湯を出すと内容が見えるようなギミックを取り入れ、手に取ってみたくなるものを意識して作りました。

そして、温泉の中でどのように行動するといいのかを人の足跡を使って表現し、裏面は基本的なマナーを世界共通で禁止を表す赤にすることで、一目で分かりやすいようにしました。

 

04

 

03

 

よくよく見ると、「侍」が「待」になっていたり、桶から水しぶきが上がっているなど見て楽しめる要素も加えてみました。

 

本番では、みんなの前で発表したのですが、それぞれクオリティが高くおもしろいテーマやギミックもあったので大変勉強になりました…

しかし、私的には満足のいくものを作ることができたのでとても楽しい課題になりました!

次は卒業制作展に向けて頑張って行こうと思います。

 

長い間お付き合いありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(。>﹏<。)

 

閲覧数(774)