教えて!ポヨ先生~マンガ家・新矢歩世先生にインタビュー〜

こんにちは!(*’ω’)

ネッコ@ORANGEです!🍊

 

さて、今回は美術学科マンガ・キャラクターコースの先生である、新矢歩世(しんやぽよ)先生にインタビューしちゃいたいと思います〜!

 

美術学科の、特にマンガ家を目指している人は

コレ必見ですよ!!🌟

 

 

107E60A1-1C8A-4E2F-98DB-0BD16190440E

 

新矢歩世先生です〜(*´꒳`ノノ゙☆パチパチ

 

↓新矢先生のプロフィールを紹介します↓

 

石川県内灘町出身

大学は美術系ではない所に通っていました。

とのことです。(意外ですね!)

大学のマンガ研究会の友達とシェアハウスして埼玉に住んで、アシスタントをしたりデビューをしたり…だそうです!

そして今は家庭を持ち、金沢に在住しています🔆

ー早速インタビューさせてもらいましょう!\\٩( ‘ω’ )و//

(※ここからは略称で新矢歩世先生→ポヨと表記させていただきます)

 

 

 

ーまず、漫画家になりたいと思ったきっかけは何でしたか?

ポヨ「小学校高学年の頃にジャンプを読み始めて、さらにジョジョの奇妙な冒険が中学生の頃に連載されていて衝撃を受けて、模写をしていたな…。

あと、小学生の頃から自分のマンガをノートに書きなぐってた。」

ー私もきっかけは似たような感じなので親近感が湧きました😳

ーマンガ家になるために主にどんな努力をしていたか覚えていますか?

ポヨ「努力かぁ〜してない!ただ描いてた!」

ー凄い!!

ポヨ「絵の練習とかってあんまり意識してやってないかな。

描きたいシーンが出てくる漫画を描いてる感じかな。

そこで行き詰まったら誰かの描いている漫画を見たりして学んでた。

特にストーリーの書き方に関しても勉強してなかったし、感覚ですね。

でもこの学校(金城短大)に来てから教えなきゃいけなくて

「教えるって何だろう!?」ってなって……

教える立場になって勉強し始めたって感じです。

マンガって勉強するものって思ってませんでした。でも参考書とか見ると確かにそうだなって思いました。」

ー人に教える時に初めてきちんと調べたりすることってありますよね。私も経験したことがありました。

ーマンガ家をしていて一番大変だったことは何でしたか?

ポヨ「うーんそうですねぇ……「大人に叱られる」こと…。」

ー!?

ポヨ「好きに描けたら良いんですけど……

ネームを出したらなんて言われるだろうか、
面白いって言われるかな?ダメって言われるかな?という気持ちがしんどいし、担当の人から
電話がかかってくるのが怖くて電話の着信音が怖かったです。」

ーよくある漫画家さんの悩みだ!!

ポヨ「あとは締切が近くて寝れないとかかな……

あ!あとアレです!仕事ないのはもっと辛い!!

財布の中に150円しかない時ありましたよ!?笑

家族持ちなのに汗

ーお金が無いと心が荒みますもんね…泣

ー先生の視点で美術学科、特にマンガキャラクターコースの人達に「これをしないと後悔するよ」ということはありますか?教えてください!

ポヨ「自分の描きたいものは貫いた方がいいの思いますね、それが商業的じゃなくてもですし。

あと2年しかないので描く時間をなるべく確保できる時間を作っておいた方がいいと思います。

周りに面白いものは沢山ありますし。」

ー誘惑ってことですかね?

ポヨ「そうです、スマホゲームしてる人とかずっと喋ってる人見てると「うーん」っておもうんです。

やっぱ卒制で優秀賞とる人って描いてるんですよ、ずっと。」

ーやっぱり量を描くことは大切なのですね。

   私も心がけたいです。

ーぽよ先生が冬まで連載されていた「教えてブラジャー先生」とても勢いがあって面白い作品でしたが、先生が連載を終了した今、この作品に対する思いはありますか?

ポヨ「描き切ってないって所があるなぁ

結局なんでブラジャー先生ってブラジャー一丁なの?ってこととかあるんですが、編集さんと打ち合わせしてるうちに描くのはやめるということになりました。

でもそれを描いた方がスッキリしたのかなーと

それも表現の手段だったのかもな、と。」

ー表現を敢えてしないという形にしたのですね。

   ですが描きたいシーンが描けないのは悔しいですね。

ー今後のマンガ家としての目標はなんですか?

ポヨ「もっとキャラを全面に押していけるような作品を作っていきたいなと思っていますね、アニメ化とかあったら嬉しいですけど……なんだろうな基本的には描き続けれればいいなあと。

死ぬまで漫画家でいられればいいなあって。

あと、今でも昔の作品を「あの作品好きでした!」って言ってくれたことがあるのでそういう作品を何かしら作れれたらなぁって思います。」

ー最後に先生が描かれたマンガの宣伝をよろしくお願いします!

ポヨ「表紙とタイトルから想像するマンガとは違います!笑

それで期待した人は裏切られますけど、裏切られても半分の人はドキドキワクワクすると思うので、この先生がどんな風にトラブルを解決していくかを見てもらえると嬉しいです!」

F3DE04CE-1ECB-4A7E-AECA-21515B65F1E7

ー最後まで長い間インタビューありがとうございました!

   私もとてもためになりました。

そんな新矢歩世先生の作品ですが、

実は試し読みできます!!!👏

↓こちらのリンクから読めるので

   是非読んでみてください!

教えてブラジャー先生 1 | 秋田書店

 

 

 

ネッコ@ORANGEのインタビューでした〜!

 

また次回も先生にインタビューをしますのでお楽しみに!🌟

閲覧数(1,047)