ヘルプマークを知っていますか?

こんにちは!

ネッコ@ORANGEです!

今回は美術学科とは関係の無い事なのですが、

是非広まって欲しいなということを伝えたいと思います!ヽ(*´)

まず最初に

皆さんは

ヘルプマークを知っていますか?

この様に駅などでポスターも貼ってあります。

ED4E75D7-BF19-46C4-B1F5-F7AFB50C40DB

ヘルプマークとは、

障がいや疾患が外見から分からない人が

周囲の支援や配慮を必要としていることを

知らせるためのマークです。

それにより、外見で分からない困っている人でも

周りからの援助を受けやすくなるよう図られています。

皆さんは知っていましたか?

病気や障がいを持つ人達は

見た目では分からないことも沢山あるということを。

私も実際に精神疾患を持っており

このようにヘルプマークをカバンに付けています。

69B40C7A-6954-4319-9C55-AF34139EEB0B

精神疾患のある人の立場である私は、

電車の中の騒音や密集した場所が苦手で

体調が悪く、車内で立っていることが辛くなることがあります。

そういった時に席を譲って下さる人がいると

とても助かった経験がありました。

学生の場合、髪も染めていたり

普通にお洒落をしているから見た目は普通なので

「なんでこの人優先席に居るの?」と

思われがちなのも今の現状だと思います。

しかし、見えない障害を持っている人も沢山います。

実は通学中に見かける誰かも、

苦しんでいるかもしれません。

そんな人達を見かけたら

ぜひ助けてあげてください。

きっと、少し席を譲っただけでも

その人達はとても安心すると思います。

そうして、

優しい社会を作っていきましょう!

そして現在、見えない障がいを持っている人は

このヘルプマークを持って、支援を必要とすることを伝えてみてはどうでしょうか。

交付対象は、障害手帳を持っている方、難病を持っている方、妊娠している方など、周囲から支援や配慮を必要としている方です。

詳細→金沢市のヘルプマークについて

以上、ネッコ@ORANGE

ヘルプマークについてのお話でした!

閲覧数(401)