カフェ・コーディネート論「コーヒー機械の違い」

こんにちはじゃがりこ@ORANGEです!

11月の記事で、カフェ・コーディネート論の授業で豆をひいたり焙煎して飲んだことをお伝えしましたが、今回はさまざまなコーヒーの機械を使っていれてみる授業を行なったのでレポートします。

 

まず1つ目に使った機械は「コーヒー・サイフォン」。これは、水の蒸気圧を利用してコーヒーをいれるガラス製の器具です。

627FA789-9EB6-4173-897C-6D27C50BE500

フラスコの中に水を入れロートの中にはコーヒー豆の粉を入れます!水が沸騰してきたらロートをフラスコに差し込むと沸騰した水がロートの中には入っていきます!そうすると…

 

 A8A72765-7D6C-49B5-A96E-EB7865D69D66

コーヒーとお湯が混ざりコーヒーを抽出されていきます。全部抽出されたら完成です!

 

2つ目に使った機械は「エスプレッソマシン」です!

コーヒー豆の粉をポーターフィルターに入れて抽出します!

7192B142-4F73-4914-97BC-D5FC8E905C42

コーヒーが抽出されたら牛乳をスチーマーで泡立たせます。スチーマーで牛乳を泡立てたら先ほどいれたコーヒーの上に入れます!

入れるときにアートとかできたらよかったのですが難しくて入れるだけで精一杯でした!

 

CB9A1D3C-50DF-462E-A70E-573A632DC990

エスプレッソマシンとコーヒー・サイフォンを飲んでみて、エスプレッソマシンは牛乳を入れたのでとても甘く飲みやすかったです。一方、コーヒー・サイフォンはとても濃く抽出されたので少し苦く大人の味だと思いました。

 

コーヒーはいれる機械によって味が変わるんだと初めて知りました。

普段はなかなか経験できないことなので、授業を通してこのような経験ができてよかったです。

閲覧数(343)