カフェ・コーディネート論「コーヒー作り」後半

こんにちは。じゃがりこ@ORANGEです。

 

前回コーヒー豆を焙煎したものを今回は抽出していきたいと思います。

焙煎した豆を機械に入れて挽いていきます!

F5AB0D4D-63BA-45B0-AEF5-7952642FEE69

コーヒーミルは、まるでかき氷機みたいに豆をさらさらに挽いていきます。

 

そうしたらいよいよ粉になったコーヒーを抽出していきます。

やり方は、

①コーヒー一杯につき粉10〜12gをドリッパーに入れます

②お湯を20g入れて20秒蒸します

③80g、40g、20gと3回に分けてお湯を入れていきます。その時にお湯がなくなる前につぎのお湯を入れるのがポイントです!

抽出して1分30秒くらいたったコーヒーが良いみたいです!抽出した後に粉が均等に凹んでいればうまく抽出された証拠です。

1AA8BFA1-56E1-4D9F-831C-3D2BC37636C3

抽出する時に少しずつお湯を入れるのがとても大変でした。

お湯を「の」の字を描くように入れなければいけないのですが意外と難しかったです。

抽出してコーヒーカップにいれてみると…

B7750440-6017-4071-A270-4F6409460313 

こんな感じになりました!

飲んでみるとすごく飲みやすく、ブラックコーヒーは飲み辛いかと牛乳を持ってきましたが、要りませんでした。

豆によって味が変わるので他のグループでは酸味が強かったり、さまざまなコーヒーの味ができあがりました。

先生に私たちのグループはお店に出せる味って言ってもらえたので嬉しかったです。

私はこの授業を学ぶまでコーヒーがこんなにも奥深い物だとは思わなかったのでこれからいろんな豆のコーヒーを飲んでみたいと思いました。

とても楽しかったです。

閲覧数(376)