なんでもない美しさ

さいころころりん@ORANGEです。

 

最近どんな物や景色でもじっくりと観察すれば美しいという事に気が付きましたので、
金城でなんでもないものを被写体に写真を撮ってみました。

(よくできたCGだと思えば更に美しく感じられます。変な事言ってますが。)

 

意外にも、ふと頭を上げてみれば魅力的な構図だったり色合いだったりするものです。

 

パイプが大変メカメカしく奥行きがあって美しい。

_DSC3227

 

幼児教育学科の演習室はカラフルで美しい。

 

_DSC3248

_DSC3245

_DSC3249

 

ただの雑草だって美しい。

 

_DSC3266

 

壁に落書きを発見。

 

_DSC3261

 

誰かの落とし物。

 

_DSC3234

 

短大の校舎はこのアングルが美しい。SFっぽい。

 

_DSC3276

 

美術棟じゃないのに消失点の勉強をしろとでも言いたげです。

 

_DSC3229

 

沢山のお椀と沢山の蛇口が何故か美しい。

 

DSC_1894

 

シンク。実際には汚いので触りたくないですが、美しさもあるんです。

 

_DSC3255

 

すごい疲れている人。

 

_DSC3273

 

椅子がカラフルで奥にどっしりとした黒い物体があるのが面白いです。

 

_DSC3263

 

素晴らしい汚れ具合です。ユーリー・ノルシュテインを感じる。

 

_DSC3243

 

植物は美しい。

 

_DSC3264 _DSC3268 _DSC3269

_DSC3240

 

サビとかパイプとかが大好きです。

 

_DSC3272

 

生物感がある。

 

_DSC3270

 

誰もいない教室。

 

_DSC3260

 

いかがだったでしょうか。イマイチ共感できない写真もあったと思いますが、世の中にはいろんな美しさがあるんだと思います。

閲覧数(766)